本文へスキップ

医療法人 永健会

内科・消化器内科・糖尿病内科・リウマチ科
小児科・訪問診療

病院案内clinic guide

病院のご案内


仁愛医院では内科と小児科の診療を行っております。
地域のかかりつけ医として、お子様からご高齢の方まで幅広く総合的な医療を提供いたします。
平日の夜間土日にも診療を行うことで、いつでもご相談いただける環境を整えております。

当院は、一般的な内科・小児科診療を基本に、生後間もないお子様の予防接種や健康診断、そして高齢者の認知症対策や介護保険の申請に至るまで、ご家族の誰もが健康や病気に関して信頼してご相談いただけるようなかかりつけ医でありたいと考えております。また、通院が困難である患者様には訪問診療を行い、地域の全ての皆様に医療が提供できるよう、社会的責任を果たしていきたいと考えております。

当院では、常に最新の医学的知識に基づいた診療を提供できるように努めます。大学病院からの各内科系専門医の派遣により、仁愛医院での診療レベルの維持・向上を常に図ります。また、専門医による直接の診療が望ましいと判断される場合には、速やかに高度医療機関への紹介いたします。近隣の病院(済生会川口総合病院、川口工業病院、川口市立医療センター、戸田中央総合病院など)や大学病院(東京医科歯科大学医学部附属病院など)にご紹介しております。

当院には、総合内科専門医、消化器内科専門医、内視鏡専門医、糖尿病内科専門医、リウマチ科専門医が診療を行っており、内科全般、消化器系疾患、糖尿病、リウマチ・膠原病に関しては、専門病院と同じ診療レベルでの診療を行います。

患者様の利便性・経済性を考慮し院内処方を採用しております。また、医療費の削減にも貢献したいと考えておりジェネリック医薬品(後発薬品)の採用を積極的に行っております。


病院の歴史

仁愛医院は平成5年5月8日に現在の場所に開院いたしました。

以来、20年以上に渡り、地域の医療を担うべく、内科一般、小児科、皮膚科、外科の外来診療と、訪問診療を行って参りました。

  初代院長 竹中永隆 医師

初代院長の竹中 永隆 医師は、平日の夜間、土曜日、日曜日も診療を行い、地域の多数の患者様の健康増進に精進して参りました。また、消化器内科の専門医でもあり、消化管内視鏡検査や腹部超音波検査を用いることで、専門的な診療を行って参りました。

平成26年に、院長が竹中 永隆 医師から竹中 健智 医師に引き継がれました。
同時に、消化器内科を専門とする竹中 健人 医師も診療に加わり、消化器内科の専門診療を維持しております。

平成28年には、糖尿病専門医の協力のもと、当院の糖尿病診療を刷新し、糖尿病内科を標榜いたしました。
また、南 朋子 医師が赴任し、医師2名体制での診療時間が拡大されました。
さらには、竹中 健智 医師と南 朋子 医師の専門領域であるリウマチ・膠原病の専門外来を開始しました。

平成29年には、医院のスペースを拡大し、新たに検査室を設け、快適な空間で内視鏡検査を実施するようになりました。     


医療法人 永健会 仁愛医院

〒332-0015
埼玉県川口市川口3-2-1-102
TEL 048-251-5501